白山のふもと「一揆そば長助」の揚げ餅が大好き

石川県白山市鳥越地区は、歴史の教科書で出てくる【1488年加賀の一向一揆で一向宗(浄土真宗)の門徒が守護大名を自害させ、その後100年もの間、自治を行った】というところです。

一揆そば」は、その時の門徒衆が、山菜や餅を入れた蕎麦を食べて、戦列に加わったという謂れから伝統として受け継がれてきたものとのことです。
一揆そば長助ホームページより

△「一揆そば長助」の看板メニュー『一揆そば』

そばに入っているカリッと揚がった草餅が、出汁の味がしみ込んできて、とっても美味しい。

お土産としても買ってきました。

そのまま食べても美味しいし、次の日、焼いて食べるのもまた美味しいです。

弾力性があり、もっちりした食べ応えのあるよもぎ草餅。

おススメです。

ただし、毎日つきたてのお餅を販売しているので、数に限りがあります。

私は、どうしても欲しかったので、予約して2パック取り置きしておいてもらいました。

 

家に帰って、母に1パック冷凍しようかと言ったら、「もったいない。固くなったら、焼いて食べるからそのままでいい。」とのこと。確かに(^^♪

一揆そば長助

営業時間は、10:00~19:00

定休日は、水曜・木曜です。

△カウンター席

△小上がり席

△奥座敷

一人でも、家族でも、団体でもOK。窓から見える景色がとっても綺麗です。

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。