窓拭きは、10分でできるから、暑くも寒くもなく時間のある時にサッとやろう。

まず「窓拭きは暮れの大掃除の時にする」という思い込みは、少し前に捨てました。

お正月前の慌ただしい、暮れの12月30日に窓拭きをするのが、なんとなくずっと我が家の習慣だったのです。

窓拭きはいつすればよいか?

わざわざ忙しい年末の寒くてお天気が悪い時期にする必要ないです。

どうしてもしたければ、それ以前にキレイにしておいて、その日はさっと掃除する程度で十分。

大掃除自体、わざわざ一年で一番忙しく天候的にも最悪の中でやらなくてもよいですよね。

お天気が良くて時間の余裕のある時にやっておくのがいいです。

その最適な時期というのが「秋」です。

なぜ「秋」が良いのか?

夏は、暑くてできない。冬は寒くてできない。冬になる前に「やらなければ!」と思う「秋」がベストです。

春は、黄砂の影響があり、窓拭きしてもがっかりすること度々あるので、やってもいいですけど、やらなくてもいいかなと。

高いところに手が届かないけど・・・

高いところをしなくて手の届くところだけすればいいかなと思って途中の高さから拭きましたが、下がきれいになった分、上の汚れたままのところが目立ちました。

脚立がなくても、椅子に乗って手を伸ばせばちゃんと届く。

「脚立がないからできない」というのは、(窓拭きしたくないなぁ)という心の声の影響大です。

暑くも寒くもない、曇り空の今日、元気のある朝のうちにやってしまおう!

頑張りました。

細い窓は、掃除しにくいんだけど・・・。

「細い方の窓ガラスは、スクイジーがうまく使えないからキレイにならない」というのも思い込みで、スクイジーを横に使えばちゃんとキレイになります。

根本的に「窓拭きはめんどくさくて嫌だ」と思っているので、いちいちうまくいかなくて嫌な理由が自分のなかからあふれ出てきます。

それをいちいち「今日」「今」「やる!」という気持ちで打ち消して、頑張ってみました。

やって良かったです。

さいごに

「窓拭きは、大変」を「窓拭きは、簡単にできる」と自分の中で『思い込みの書き換え』をすれば、次からもっと抵抗がなくなるはずです。

『窓拭きは、10分でできるから、暑くもなく寒くもなく時間の余裕があるとき、サッとやろう!』

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。