宅建受験は、本当に「来年、やりたいこと」なのか?

今まで頑張りすぎてきたから、もうやりたいことだけして生きていけばいい・・・。

そう口に出して見るものの、違和感がある。

やっぱり、私は、いくつになっても頑張りたいみたいです。

意地になっているだけなのか?

ただ、チャレンジしたいだけなのか?

いろいろ考えてみるけど、やっぱり合格したい。

去年、受けてみて、それなりに努力っぽいことしてみたけど、結果は50点中19点。

合格ラインの35~38点というところには、全くもって及ばず。

周りの人に言っても、「あはは、残念!」って反応。

そして、私の場合、実際、特に必要というわけではない資格ということもわかり、もう苦労するのはやめようと一旦あきらめたはず。

それなのに、時間が経つと、やっぱりムクムク湧き上がってくる。

別に勉強が好きではないし、今から覚えるのも苦痛。

なんで、受験したいのか?

受かりたいのか?

多分、宅建だけじゃなくて、他の資格も取りたいような気がする。自分のことなのに、本当の気持ちがわからない。

何を目指しているかというと、自分が困った時や周りの人が困った時、自分自身や周りの人を助けてあげられるようになっていたいのかもしれない。

そうなのかもしれない。

自分を助けるために、勉強したいのかもしれない。

自分を支えるために、いろんなことをわかっていたいのかもしれない。

わからないことは専門の人に教えてもらえば一番手っ取り早く確実なんだけど、本当は、何でも自分でできるようになりたいのかもしれない。

そのために、学び続けたいんじゃないかな?

楽をしたいんだけど、それ以上に学びたい。

ちょっとおかしいんじゃない?

いい加減に、適当に、楽しく生きていきたいんだけど、いい加減や適当じゃ、楽しくないんだな。

本気でやらないとちゃんとできないと楽しくないんだよね。

困った人だなぁって思う。

でも、これが自分なんだから、やっぱり、やりたいなら、とことんやるしかないよね。

そんなわけで、思いつくまま書いてみたけど、やりたくないって気持ちにならなかったから、やっぱりやりたいんだと思う。

これくらい確認しないと自分が本当にやりたいのか、やらなければならないと思い込んでいるのか、わからないという・・・。

仕方ないね、ずっと頑張りすぎてきたからね。

来年の目標は、宅建合格に決める!

遊筆家の船本るり子さんの個展に行って来たら、心のなかにすごく元気が出てきました。

画像は、すべて船本るり子さんの作品です。

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。