「自分が楽をするために」お金を使ってもいい!

Pocket
LINEで送る

将来のお金を減らさないようにするには、お金を使ってもいい。

矛盾するように聞こえるかもしれないけど、そう思います。

元気でいるのが一番の節約

働けなくなったら収入がなくなります。病気になったら、医療費がかかります。介護が必要になったら、長期にわたってそのための費用がかかります。

だから、元気でいることが一番の節約なのです。

元気でいるためには、ストレスを除去することが一番です。

昔の人が言った「病は気から」って本当だと思います。気持ちが充実していることが病を遠ざける。いつも笑顔でいられたら、自己免疫力がアップします。

私が、自分を楽にするためにお金を使っている例

① 自宅の庭の草むしりを外注

母から草むしりのことをグチグチ言われなくなり、本当に助かってます。

② スタジオにアルバイトを雇う

自分の負担が減っただけでなく、相談相手ができたことで精神的にも大きなプラス。

③ 税理士さんと契約

苦手なお金の管理(確定申告・税金対策等)に関することをお任せして安心。

④ 便利な家電(食洗器・ロボット掃除機・洗濯乾燥機など)を駆使

自分が動かなくても自動で仕事が終わるので、時間を2倍使える。

さらに、自分のためにお金を使う

必要なことにお金を使うのは自分に許可できています。今後は、さらにやりたいことにお金を払うのもどんどんOKにしようと思います。

何もしないで家にじっとしていればお金はかかりませんが、そんな人生はつまらない。

動けば動いただけ、お金がかかるのは当たり前。

そこをOKできるか、どうかが重要な分かれ道です。

元々、ケチな私には、自分のためにお金を使うことは実はかなりの決断が必要なのです。

さいごに

やりたいことをやるために、動けば動いただけお金がかかる。でも、それは自分が人生を楽しむための出費なのだから、使っても良いのだ。

使わずに将来の医療費を貯めるのでなく、将来、できるだけ医療費がかからないような生き方をする。

将来じゃなくて、今、家族と自分が幸せでいることが何より大事!

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

投稿者プロフィール

さわこ
さわこ

スタジオSeriオーナー

自分や家族の健康のために、スタジオを作りました。
周りの人たちがみんな、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいな。




目標は「ゆるいミニマリスト」

「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得。不要のモノを断捨離して、スッキリ暮らしたい。




真面目でおとなしい性格

自分でずっとそう信じてきましたが、周りの人が違うと言います。不思議です。いくつものビリーフ(思い込み)をリセットできたら、だんだん人生が楽しくなってきました。




くわしいプロフィールは、こちら