写真を撮ってもらうために信州へ

Pocket
LINEで送る

今日は、またまた初めての体験をしました。

プロのカメラマンさんに写真を撮ってもらったのです。集合写真や証明写真を撮るとき、そういえばそれもプロのカメラマンに撮ってもらっているわけですが、そうではなく、私自身のプロフィール写真を撮ってもらいに信州まで行きました。

白馬の長野オリンピックのときのジャンプ会場、上まで登ったら、足がすくみました( ゚Д゚)

なぜ、信州か・・・

なぜ、わざわざ信州まで行ったかと言いますと、カメラマンさんが松本在住だからです。

「空気感フォトグラファー」花村貴史さん(なむさん)・・・「その人のまとっている素敵、すなわち「空気感」をそっとすくい撮るフォトグラファー」という姿勢に共感が持てました。

カバー写真用に風景だけの写真も撮ってくれているカメラマンをスマホで撮る(^^♪

プロフィール写真って・・・

私は、写真が苦手です。写真を撮られるときは、笑顔じゃないといけないような気持になります。いつからか、笑顔で写真を撮られるよう、無意識で努力して笑ってきた気がします。

本当の私は、そんなに笑ってないぞ。泣いたり笑ったり、怒ったり、むすっとしていたり、いろんな私がいます。

だからこそ、無理して笑っていない、普通の私をプロフィール写真にしたいと思いました。

実際には・・・

なむさんとは共通の友人もたくさんいて、いろいろな話ができ、楽しかったのに加え、何と言っても大自然のなかで、風も空気も音もみんなとっても気持ちよくて幸せでした。

だから、途中からどういう写真もどれもOKと思って十分満足でした。

最終的に10枚写真を選ばせてもらいました。ぱっと見、すごくいい感じなんだけど、よ~く見たら、どの写真もめっちゃ目尻にシワがいっぱいあって困りました(笑)

少し、修正加工もしていただけるということをありがたくお受けしたいと思っております(;´∀`)

さいごに

とても素敵な体験ができました。贅沢かもしれないけど、そういう贅沢なことをしてもいいと自分にOKを出せたことを喜びたいです。

私の背中をグイっと押してくれた、あやみんに感謝!

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

投稿者プロフィール

さわこ
さわこ

スタジオSeriオーナー

自分や家族の健康のために、スタジオを作りました。
周りの人たちがみんな、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいな。




目標は「ゆるいミニマリスト」

「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得。不要のモノを断捨離して、スッキリ暮らしたい。




真面目でおとなしい性格

自分でずっとそう信じてきましたが、周りの人が違うと言います。不思議です。いくつものビリーフ(思い込み)をリセットできたら、だんだん人生が楽しくなってきました。




くわしいプロフィールは、こちら