大事な約束の時間に遅れないために、逆算ウィークリーを活用しよう

仕事とプライベートの予定を一つの手帳にまとめた方がいいですね。

実は、スタジオの仕事を終えて、友達の家へ行く予定だったのに、出がけに電話があり、応対していたり、後片付けしたりしていたら、結局、1時間も遅刻してしまいました( ゚Д゚)

なぜ、遅刻してしまったのか?

そもそも、約束の時間を間違えていました。13:00だったかな?13:30だったかな?とLINEトークを確認したら、なんと、「12:30に行きま~す」って私が言ってるじゃないですか(;・∀・) 根本的にいい加減すぎます!

私の中に、仕事優先モードが抜けきらず、仕事だから(プライベートの約束に)遅れても仕方ないという気持ちがあります。ありました?仕事人間の人は、皆さん思い当たると思います。「そうは言っても仕事が入ったんだから、仕方ないじゃないか」そうやって、家族が不信感を募らせていくんですよね。「今から帰る。すぐ帰る。」は、1時間は帰ってこないなって。

ごめんねと言えば許してもらえると甘えている。遅刻に対して、厳しい人も多いと思います。私は、そういう人と仲良くなれません(;^ω^)いつも「ほんとにもう・・」と言いながら、許してくれる人といるので、いつまでもダメなままなのかも(-_-メ)

でも、時間を守ることは、本当に大切です。人に迷惑をかけることもいけません。それで、いつも反省し、しばらくは頑張っているのですが、すぐやらかします( ;∀;)

遅刻しないために『逆算ウィークリー』を使おう!

今まで、仕事とプライベートを分けて考えていましたが、トータルに考えることが大切と思うようになってきました。「私」という人間は一人なので、両方合わせて、100%であり、どこをどう工夫しようと合計24時間。

24時間を27時間として使いこなすとかいうレベルは、私には無理です。そんなに頑張ったら、疲れて、1日しか持ちません。そして、その反動も大きいです。だから、無理はしません。

予定がブッキングしないように。夕方から夜にかけて、押してくるので、午前中、早めにやらなければならないことを済ませておきたいものです。

朝10分で片づけることを夜は1時間あってもやらないときがあります。「やる気」もそうですが、実際、疲れているんだと思います。集中力も消耗して、何をしなければならなかったかをよく見失います。

その場その場で全力を出し過ぎず、時間が来たらそれ以上続けるのかやめるか判断する。

予定が入ったら、すぐウィークリーに落とし込んでいく

書いたり、書かなかったりすると結局信頼感0です。とにかくいつも持ち歩き、全部書き込む。毎日、見る。

せっかくの逆算手帳&逆算ウィークリーなのに、なかなかうまく使いこなせていません。でも、テンパって困っている今だからコボリジュンコさんの『逆算ウィークリー』しかないと思えたのです。

時間を見えるようにする

私に必要なことは、モノを絞り込み、全体像を把握して、状況に対応できて、不安が解消されること。それを時間にも応用したいです。

いつ、何があるか、把握していて、臨機応変、状況に対応し、最低限、人に迷惑をかけず、自分が疲れない。

「健康第一」なので、ムダな時間も断捨離し、大事なことに時間を使えるようになりたいです。

今日は、反省中なので、とてもまじめに書きました(-_-メ)

 

ぽちっと応援していただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。