目覚ましをかけないのにちゃんと目が覚める。【早起き10日目】

目覚ましをかけないのにちゃんと目が覚めるという不思議現象を体験中。

実は、明日、朝6:00の新幹線で東京へ行きます。それで、今日のうちから5:00に起きるリハーサルをしておきたいと思っていました。そしたら、ちゃんと5:00に目が覚めたのです。

その仕組みがよくわかっていないので、今の段階では、不思議現象と呼ばざるを得ません。

不思議現象は、根拠があるはず

今、医学博士 梶村尚史さんが書かれた『「朝がつらい」がなくなる本』を読んでいます。ぐっすり眠る&すっきり起きる習慣術が論理的に書かれています。

はじめに、の部分を読んだだけで、この本は今の私にぴったりだと思いました。

「朝がつらい」は、健康だけでなく、仕事や人間関係・美容にまで影響する厄介な問題というとらえ方が、すーっと心惹かれました。

寝不足の日、目の下のクマができるのです。すごく気になっていました。私にとっての重要な美容問題です!

「睡眠のリズムを一定にする」ことで、「毎日を爽快な目覚めでスタートできる」とあらば、そのための方法を知りたくてたまりません。

早起きするためのテクニックの前に守るべきポイント

睡眠学の最新の知識に基づいた「ぐっすり眠る」16のテクニックと、「すっきり起きる」8つのテクニックとやらをぜひとも実践して、自分に合った快適な睡眠のリズムをつかみたいものです☆彡

このテクニックを使う上での守るべきポイントが1つだけあるというので、1つなら「守れる」という予感がしました。

その1つとは、就寝と起床の「時刻」を一定にすること

起きてから14~15時間後に眠気を誘う睡眠ホルモンが分泌され始め、その1~2時間後に眠くなるそうです。

つまり、「夜眠くなる時刻は、その日起床した時刻で決まる。」

今朝、5:00に起きるリハーサルをした意味

長くなりましたが、私は、今朝どうしても早く起きたかったのです。

今朝早く起きることで、今日は、早く眠くなり、早く寝て明日、早く起きて、ちゃんと6:00出発の新幹線に乗れるはず!

前日、リハーサルをして、翌日の本番と同じシュミレーションをしてみるのは、とても意味のあることです。

リハーサルの通りに、その成功のイメージで本番を進めていけばよいのです。

リハーサルまで必要な「明日の予定」

明日、日帰りで東京へ行き10:00~18:00セミナーを受講してきます。6:00に金沢を出発して、夜帰ってきます。

朝10:00からのセミナーに前泊しなくて済む、北陸新幹線の開通に改めて感謝です。

今、自分に投資しています。充電が完了したら、フルパワーで働ける気がします。私は、(変な人なので)仕事が大好きです。人のために自分のエネルギーを使うのが生きがいですが、多分、今後はその「人のために」の「人」の中に自分を含めていけると思います。

自分も周りの人も少し離れたところにいる人も多くの人が幸せになれるような仕事をしていきたいし、たくさん仕事をして多くの人を幸せにするためにお金もたくさんあったらいいです。

自分が何をしていきたいのかが少しずつ見えてきて、一番頑張っている自分に投資していけばいいんだとわかったとき、大地とつながった気持ちがしました。

さいごに

「今年、人生で初めて早起きができるようになる」そう確信しだしている今日この頃です。

「できる」と思うことは、きっと「できる」し、私は夢を実現できる人なので、きっと一番苦手だった早起きが克服できるのだぁ~(^_-)-☆

早起きすると、夜考えることと違う元気な言葉が出てくるのも不思議現象|д゚)

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。