私が今後、さらに日本製のロボット掃除機Panasonicのルーロに期待すること

日本製のロボット掃除機が売り出されるのをじっと待ってから購入した私です。

靴のまま部屋に入る外国と靴を脱いで生活する日本では、使う掃除道具が違うはずと思っています。

私がなぜ、日本製にこだわるのか?

有名なドイツ製のミーレの掃除機も持っていて、とても吸引力があるし排気もキレイで言うことがないにもかかわらず、重くて結局普段は使わないのが現状です

汚部屋の時は、大活躍しましたが、ある程度キレイになってくるとそこまでの吸引力は必要ないのです。

それよりマキタのコードレス掃除機のほうが手軽で日常的に使うのにストレスがありません

日本の住宅事情とは?

玄関で靴を脱ぎ、外の汚れや小石などを室内に入れない日本の場合、ゴミと言えばほとんどが埃や髪の毛などです。

それらは、部屋の隅っこに溜まります

そのため、極端な話、隅っこだけキレイに掃除すればよいわけです。

なぜ、ルーロなのか?

Panasonicのルーロなら、三角の形をしていて、先端に箒の役割をする細いハケが髭のようについているので、それを使って隅っこの埃を掃き出すことができるのです

しかも、ゴミがあるときは赤いランプ、キレイになったら緑のランプに変わるように、センサーがついていて、それをルーロ自身が学習して記憶するようです。

そして、その汚いところを入念に掃除して、全体もキレイになったら自分でお掃除が完了した!と判断して、ホームに戻るという・・・。

なんとまぁ、賢い。

このあたりの学習能力は、日本製じゃなくても持っていますし、ダストボックスにゴミが溜まったことをお知らせしておしゃべりするのもどのメーカーでも「当たり前」に成長していますね。

ですから、あえて、日本製の、しかもPansonicのルーロにこだわるのは、やはり三角形の形と左右のハケですね。

Panasonicに求めること

もっとサイズが小さくなったら、椅子の間もスカスカ通過できるのになぁと電気屋さんの同級生に要望したら、メーカーに問い合わせてくれました。

回答は、「小さくて軽いと段差をうまくクリアできない・・・」とのこと。

ある程度の重量の安定性があることによって絨毯の上に乗ったり降りたりスムーズにできるし、階段の手前でしっかり止まることができるという。

しかし、それについてもどんどん小さくてもある程度の重さで重心が安定していれば、ダストボックスは広くてその他の部分はコンパクト、結果的により小さい三角形にしていくことが可能ではないかと・・・(私は思う)!

さいごに

私の要望を叶えて、椅子をテーブルの上に上げなくてもスイスイとテーブルの下を椅子の脚の間から出入りして掃除してくれるルーロを作ってくれるのをPanasonicさんに期待しております。

参考までに


ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。