シンボルツリーの周りに増えたミントを引き抜きながら、人生を考えてみた。【邪魔になったら捨ててもいい】

「このハナミズキは、私なのかもしれない・・・。」

そんなことを考えながら、シンボルツリーの周りのミントを全部抜きました。

シンボルツリーの周りに増えたミントを引き抜きながら、人生を考えてみた。

木が1本だけでは、寂しいような気がして、周りにお花を植えました。

お手入れの簡単なハーブを植えておけば楽かと思い、ミントも植えました。

そしたらいつの間にか、ハナミズキの周りがミントでいっぱいになってしまいました。

ミントを植えたのは、失敗でした。どんどん根が広がっていって増えていってしまったのです。

大きくなったらカットするのを繰り返していましたが、もうハナミズキを邪魔するような存在になってしまっていました。

草むしりをしだしたら、「このミントは、もう、ここにはいらない」と気づきました。

しっかり生えているミントを全部抜き取るのは、とても大変でした。根っこがずっとつながりあっているのです。

周辺部分の石の間にも根っこが絡まり、引き抜くのが本当に大変でした。

結局、最初の姿に戻りました。

まとめ

最初、業者の人が植えたとき、木が1本の周りに白い石が置かれていました。

私は、それが寂しそうに見えて、白い石を周りに集めて、中にお花とミントを植えました。

いつの間にか、ミントが手に負えないくらいに増えていってしまいました。

原点に戻って、ミントを全部引き抜いて、元のハナミズキだけにしてみました。

やっぱり、なんとなく、私の人生のように思えてきます。

自分がいいなと思って、そばに置いたものだけど、いつの間にか、自分自身を脅かすくらい周りを圧迫していて、少しカットしているくらいじゃ間に合わなくて、思い切って全部取ってみたら、スッキリした。

これからあとは、自分自身(ハナミズキ)が、引き立つようなものを少しだけそばに置いて、その手入れをしながら過ごしていこう。

そんなことを考えながら、今日も草むしり頑張りました。

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。