「いらないモノ」を捨てる。そして「いるモノ」を整える。【断捨離の目指すところ】

「断捨離=捨てる」と考えがちですが、それだけでは不十分であると思われます。

花壇の手入れをしていて、いつものように草をむしりながら悟ったことを紹介します。

日々、変化しているので、手入れは絶対必要

どんなにきれいに花苗を植えても、草花は日々成長しています。雑草もまた負けないくらい成長しています。いや、雑草のほうがたくましく成長しています。

伸び放題です。いらないモノ(雑草)と大きくなり過ぎた分を取ります。

45リットルのゴミ袋2袋分捨てます。

スッキリしました。花がなくて寂しいので、真夏の暑い時期が過ぎたら秋の花苗を植えたいと思います。

季節ごとに手入れをしていく必要があります。

目立つところだけではない。よく見ると細かいモノがいっぱい見えてくる((+_+))

大きな草が目立ちます。それを引き抜くのは、簡単ですが、時間がかかるのが、地面にへばりついているようにして生えている細かい草。

全部取るのに、大きい草の10倍くらい時間がかかりました。

細かい作業で、膝も腰も痛くなり、背中までパンパンに張ってきます。

取った草の量は、ゴミ袋で言えば、1袋の5分の1くらいです。

でも、疲れ方は、ゴミ袋2袋分と同じくらいです。ずっと下を向いて細かく作業するというのがしんどいですね。

ゴミの後始末=掃除もまた一仕事です。箒できちんと掃きました。

もったいないと思わず、ダメになっているモノは思い切りよく捨てる。

3本マリーゴールドを植えてあるのですが、一番右側は、マリーゴールドの花が雑草に負けてしまっています。

マリーゴールドが弱ってしまっていて、触っただけで茎が折れてしまいました。思い切って処分しました。

元気な部分だけ残しました。

さいごに

もう咲き終わっている花がらを摘み取り、捨てました。

終わったモノを取り除くとこれから咲くきれいなモノだけになります。

いらないモノを捨てるだけで、スッキリしますが、そのあと、残ったモノを整えると美しくなります。

美しくなるようにするのが、断捨離の目的なのだと思います。

 

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。