捨てられない人だと思っていた母がアジサイの木をバッサリ切って捨てた(@_@。

人によって「捨てられない」基準って違っていてびっくりします。

何でも「捨てられない」と言っていた母が変わってきたのか?

before

毎年6月、いろんな色や形を楽しませてくれたアジサイたち。

ずっとそこにあったので、私は、半永久的にずっとあるものだと思い込んでいました。ところが

after

なんと昭和1ケタ生まれ「捨てられない」代表の母が、バッサリとアジサイの木を切り、今から根っこを引き抜くようです。

次、ここに仏様にお供えするお花を植えたいそうです。

アジサイなんて、仏様用にならないから、いらないと(>_<)

いやぁ、本当にびっくりしました。

思い切りがいいです。

 

でも、実は、畑作業って意外とこういうふうな全面的入れ替えがあります。

作物を収穫した後、一度、全部、掘り起こして、土を耕して肥料を入れて、また一から新しい作物にとりかかります。

春・夏・秋・冬それぞれの季節ごとに入れ替わる際、一度、更地のようにするのです。

だから、母にとっては、終わったものを全部取り除いて、次のものに取り掛かるのは、畑では普通のことなのだと思います。

家の中のモノも同じように、いらないと思ったらさっさと捨ててくれたらいいんですけど(^^;)

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。