洗濯物は、干したハンガーのままクローゼットに収納すると「時短」になります。

「時短」が好きです。

効率よくできたら、2倍得した気分です。

私がすでに実践していることが、勝間和代さんの本に書いてあったので嬉しくなりました。

勝間和代さんの本は、こちらです。

洗濯物をたたまない。

洗濯物を干したハンガーのまま、クローゼットに収納します。

下着や靴下以外は、全部、ハンガーのまま移動させています。

とっても楽なので、おススメですが、きっとハンガーの数が足りないとか、全部つるす収納にすると場所が足りないとか、言う人がいるのでしょうね。

それは、洋服の数が多すぎるんだと思いますよ。

洋服の数は、どれだけがいい?

着ている服を洗濯して、また、着る。その数は、そんなに多くないのではないでしょうか?

多分、「全然着なくて、洗濯もしない洋服」が、ずっとつるされている場合が多いのではないでしょうか…

私の場合、1シーズンずっと着なくて洗濯もしなかった洋服は、だんだん隅っこの方へ行くので、その洋服とはお別れすることにしています。

もったいないので、最後にもう一回着てみると、なんとなく、もう好きじゃなかったり、窮屈で嫌だなと思っていることに気づかされます。

洋服も、使うものだけ所有しているといいです(*^^)v

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。