整理収納アドバイザー小川奈々さんの『禅に学ぶ 台所しごと』を読んだら、お掃除のやる気スイッチが簡単にON!(^^)!

禅寺は、いつもきれいに掃除されています。

雲水さんが日課として、隅々まで掃除しているからですよね。

わが家が汚いのは、大掃除はするけど、日常的に掃除をしないからです。

モノを減らしても、掃除をしなければ、やはり汚いものは汚い。

どうしたら、掃除を習慣化できるか

私もお寺の教えで心を整えたい。禅に学んで、日常的に掃除できる人になりたい。

その方法として『禅に学ぶ 台所しごと』から、掃除を習慣化するための秘訣をピックアップしてみた。

(1)タイマーをかけて家事をする

禅寺では、「掃除は5分、買い物は30分」というように作業時間が決められているらしい。これは、私のような、なかなかやらないくせに、やり出すと止まらないタイプには重要だ!

スマホのタイマーを活用しよう。

ただし、掃除の5分も買い物の30分も、私にはまず困難だ!

根本的に、時間にルーズで、動きが遅い。そこが問題。

私の場合、掃除の最小単位は15分、買い物は1時間かなぁ

(2)掃除をルール化する

掃除のルール化について、本の中の例を参考に、掃除をする時間を決め、曜日ごとに場所を決めてみた

時間6:30~7:00

(月)キッチン、洗濯機まわり

(火)2階

(水)外まわり

(木)リビング・玄関

(金)お風呂・トイレ・洗面所

(土)書類

(日)気になるところの断捨離

とりあえず、やってみようと思う。

(3)便利な道具を使う

禅寺では、箒と雑巾だけで磨き上げているけれど、この本のなかでは、わが家も愛用しているマキタのコードレス掃除機とお掃除ロボットのルーロが紹介されていて、驚いた。

特にルーロは、畳にも使えるところがいいと書いてあった。

実際、箒で掃くより、キレイになる。

優れたものをうまく利用して、素早く楽に掃除することが長続きの秘訣だと切に思う。

最後に

どこから手をつけたらいいかわからないと思うとき、まず、手を動かしてみることが大事だ

そして、そのときに、やりすぎないこともまた大事だ!

時間を決めて、要領よく、やれる範囲でやって、できなかったら、また来週する。

そういうやり方なら、きっと、毎日の掃除が習慣化されて、いつもそれなりにキレイな状態を保てるはずだ!

早起きとセットになって、朝掃除が習慣になったら最高だと思う。わざわざやる気スイッチを入れなくても、当たり前になるように・・・そうなったら、私の人生がますます劇的に変わりそうな予感がする(^^♪

 

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。