お風呂の天井からカビの胞子が落ちてこないようにカビ取り剤をつけて拭きました【清掃マイスターの簡単お掃除講座】

お風呂の天井、カビが生えないように掃除をしました。

茂木和哉公式サイトの「カビが生えにくい浴室にする方法!」を参考にして、やってみました。

使った洗剤は、「茂木和哉のカビ退治」です。


スポンジの部分にカビ取り剤をスプレーします。

それで天井全体を拭きます。

一見、キレイなように見えるけれど、ここにカビの胞子がいっぱいあると思って、全体をくまなく拭くのが大事なんだそうです。

15分くらい経ったら、シャワーをかける。

ここが問題のところです。

お風呂に入っているときにやればよかったのでしょうか?

シャワーの水が天井からポタポタ落ちてきます。

向こう側は、シャワーをかけましたが、じゃあ、手前はどうなる?

確実に自分がビショビショになります。

仕方がないので、向こう側半分、水切りワイパーで天井の水分を取りました。

そして、手前ですが、自分が向こう側へ行って、こちら側にシャワーをかけたら、まず、スマホを持って写真を撮ることは無理です。

カビ取り剤を水拭きでキレイにすることにしました。

窓拭きグッズといつものお風呂用水きりワイパーです。

なんとかカビ取り剤をつけて、それを水拭きで拭き取ったけど、正直、ちゃんとカビの胞子を防ぐことができたのか、実感がわきません。

脚立にでも乗って、雑巾でしっかり拭いたら、キレイにしたぞ!と思えるかもしれないけど、とにかく目より上の部分は上から塩素系の液体が落ちてきたら危険です。

だから、長いワイパーを使いこなすしかないのかと思います。

「お風呂の天井掃除の仕方」は、今後の課題です。

今日は、とりあえず、カビ取り剤をつけて拭きましたというところまでの報告です。

カビが生えやすい梅雨をどう乗り切るかが大事☆彡

お風呂の天井掃除の仕方、アドバイスしていただけると嬉しいです。

 

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

  

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。