四国旅行1日目後半「松山城~道後温泉」【大和ハウス オーナー 集和会】

大和ハウス集合住宅オーナー『集和会』の四国旅行の思い出、1日目後半へ。

「しまなみ海道」で四国へ渡る

瀬戸内海の島々を橋で繋ぐ「しまなみ海道」、9つの橋を渡り終えて、四国に上陸。普通に橋を渡っているだけだったので、陸続きに思えました。

四国屈指の名城 重要文化財「松山城」

バスから降りて、ロープウェイで松山城へ。立派な天守閣があり、広々としていて、見ごたえがありました。

松山市は、愛媛県の県庁所在地で人口は約51万人。金沢より大きな都市だった!

松山城は、高いところにありますが、ほとんど歩かなくてよいので、楽です。

帰りは、希望者のみロープウェイに乗らず、リフトで降りました。すっごく気持ちよかったぁ。

さぁ、いよいよ日本最古の温泉、道後温泉へ。

国指定重要文化財「道後温泉本館」で入浴します。

「神の湯」に入ってきました。深いので、座ることはできず、中腰になって浸かります。お湯は、けっこうサラッとした感じでした。道後温泉に浸かってきたというだけで満足(*´▽`*)

これは、横から見た休憩所の部分です。お湯に浸かるだけだと410円ですが、休憩すると別料金がかかるようです。

上の方が赤いのは、赤いギヤマンガラスというのをはめた障子です。「千と千尋の神隠し」のモデルになったところなので、何かが出てきそうな雰囲気が漂っていました~。

夕食までの1時間半、入浴と散策を楽しみました。

お土産は、昭和天皇御用命「六時屋タルト」

お土産として、「一六タルト」が有名ですが、少し高い昭和天皇御用命「六時屋タルト」を買いました。

1953年(昭和28年)松山国体の時、昭和天皇にお召し上がりいただくお菓子として御用命を賜り、その後、有名になり、1966年(昭和41年)の植樹祭の時、再度、昭和天皇から御用命を賜ったとか。

実際、食べてみて、確かに上品な甘さで美味しかったです。

夕食会場は、ホテル椿館

夕食は、こちらのホテルで食べました。

ここから始まり

次から次へとごちそうが出てきて、おなかいっぱいになりました。完食。満足。

泊るのは、全日空ホテル

そして、バスに乗って5分、松山全日空ホテルへ。ここで宿泊です。

道後温泉で大部屋で泊るより、ホテルのほうがゆっくり休めて良いということで、今回は、「お風呂」と「夕食」と「寝るところ」が違うという、面白い行程でした。

とっても中身の濃い1日でした。

2日目につづく・・・

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。