【おすすめのお店】美味しい日本料理を食べに能登半島の先端、珠洲の『龍泉』まで行ってきたよ。

私のブログの師匠である、立花岳志さんが紹介していた、能登半島の先端、珠洲市にある日本料理の『龍泉』へ行ってみました。

龍泉 〜 能登半島先端 珠洲(すず)の町に潜む超ハイレベル日本料理店に驚愕!! なぜこんなところにこんな凄い店があるんだ!? [2016年6月 北陸旅行記 その40]

東京の方に「能登に美味しいお店がある」と教えてもらうなんて、石川県民として、情けない!

ゴールデンウィークも終盤、5月6日(土)に友達とドライブを兼ねて、珠洲まで遠出してきました。

かつて「のと有料道路」だったところが無料の「のと里山街道」となりました。料金所廃止、片側1車線を2車線化したことにより、随分、時間も短縮されましたよ。

金沢を朝早めに出発したら、まったく渋滞がなく2時間15分で珠洲に到着してしまいました。

新幹線で東京へ行く2時間半より早かったことが、嬉しかったです。「能登へ行くのは、東京へ行くより遠い」などと吹聴してしまっていたことを大いに反省中です。

立花さんのブログの写真で見ていたので、すぐお店を見つけることができました。

お店の中は、旅館のような雰囲気です。

奥のお部屋に案内されました。

私たちのお部屋は、こんな素敵な個室でした。

もう、この時点で、テンション上がりまくりです。

ランチを予約してありました。

最初に出てきたのは、牛乳と生ミルクを葛で固めたもの

ほんのり甘くて、口の中で溶けてなくなるみたいな感じで、もっと食べたい!

シマダイ・タイ・サヨリのお刺身、左の葉っぱは、「ボウフウ」と言い、セリ科の植物で根っこは漢方の生薬だそうです。全部美味しくいただきました。私は、タイやサヨリが大好物です。日本海でとれるお魚の刺身は、シャキッとして本当に美味しいんですよ!

タケノコに銀ダラを巻いて、オーブンで焼いたもの

途中、3回たれをかけてつけ焼きしてあるとのことで、銀ダラにもタケノコにもしっかり味がしみ込んでいて超美味しい。

普通、タラって味気ないものですが、それがちょうどよい甘醤油味で、タケノコとの組み合わせも新鮮で、すごく満足感があるお料理でした。

一瞬、何?とびっくり(@_@。

桜蒸しでした。けっこう、おなかがふくれてきました。

酢のものです。写真の見た目は、良くないかもしれませんが、私は、このアスパラやラディッシュをつけて食べる「ノリ酢」がすっごく気に入りました。多分、とれたての岩ノリだと思うのですが、ちょうどよい甘酸っぱさに味付けしてあり、本当に美味しい。写真の左上、ホワイトアスパラの豆腐の上に土佐酢ゼリー。おしゃれです。

最後に雑炊をいただきます。ここのご主人の奥様によそっていただきました。

もずく雑炊です。

おかわりもあり、本当におなかいっぱい。でも、とてもヘルシーなので、実は、帰りの車で既におなかがすきました(笑)

お部屋の隅のふすまを開けてみたら、そこにもお花が飾ってあり、その横には、さりげなく珠洲焼?

お手洗いにもお花が(@_@。

最後に支払いのため、カウンター席のお部屋のところへ行ってみたら

なんなんだぁ、この素敵な空間は!

2時間ほどたっぷり、美味しく幸せな時間をすごして、一人3500円(税別)。私は、安い!と思いました。季節によって、メニューが変わるようです。

忙しい時間帯にもかかわらず、私の質問攻めにも優しく対応してくださったお母さん。最後に写真を撮らせてくださいとお願いしたら、恥ずかしいと断られてしまいました。お父さんが作り上げたお店を息子さんが跡を継ぎ、お母さんとお嫁さんが支えておられるとのこと。

お母さんのお話が楽しく、次、行くときは、カウンター席にしていただこうと思います。

北陸新幹線のおかげで、金沢にたくさんの観光客が来てくれるようになり、嬉しいですが、せっかくなので、あともう一歩、足を延ばして、能登へも行ってみてほしいです。

日本一の和倉温泉加賀屋での宿泊もいいし、輪島の朝市もいいし、一番遠い珠洲まで行ってみるのもいいですよ。今回行ってみて、道路が整備されて、随分、楽に行けるようになっていることにびっくりしたので、金沢に住んでいる人だって、もっと能登を楽しみましょうね(*^。^*)

 

ぽちっと応援していただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。