【健康第一】1年ぶりの婦人科検診が「異常なし」でホッとしました。

先日、子宮頸がん・子宮体癌の検査の結果を聞きに行って、「異常なし」と言われ、ほっとしました。

今は、「異常なし」を当たり前ではなく、ありがたい言葉だと思います。

3年前、「子宮がんの疑い」がありました。

職場の健康診断で、毎年、子宮にポリープができていると指摘されるようになってから、婦人科検診だけは、かかりつけの病院で受診していました。

「ポリープあるので取っておきますね~」

(ポリープあるんだ・・・)

「子宮筋腫、大きくなっていないから、このまま様子見ましょう~。」

(えっ子宮筋腫もあるんだ・・・)

自覚症状が全くないときは、まぁまぁその程度でした。

ところが、3年前、不正出血が続き、どろっとしたおりものがあったときは、さすがに不安でいっぱいになりました。

今から思えば、閉経前の不安定な時期だったということか、と思えるけれど、その当時は、「50代」「不正出血」を検索すると「子宮体癌の疑い」という文字がやたらと目につきました。

要精検

取った細胞を別の検査機関で精密検査をしてもらうので、結果が出るのは1か月後でした。

この時、まだ退職前だったので、自分の体より、仕事のことや家族の心配ばかりしました。

いろんなことを抱え込み過ぎるくらいに抱え込みながら、頑張っていた時期でした。

「教員の代わりはいくらでもいる」ということがわかっていながら、それでも自分がいなければ、と思い込んで無理して仕事を続けていたころです。

精密検査の結果は、大丈夫でした。そして、「半年後にもう一回、見せに来てください。」と言われ、安堵しました。

その後、半年に1回受診し、昨年、「1年後でいいですよ」と言われました。

そして、ついに来た。「1年後」

1年後の定期検診の日の予約を入れる段階で、少しドキドキしました。

「やらなきゃいけないこと」を、ついに「やる」☆歯医者と婦人科の予約をしました。

体の調子は、3年前とは比べものにならないほどいいです。

でも、自覚症状がなくても悪くなっている場合だってあります。

「子宮頸癌」検査も「子宮体癌」検査も『異常なし』でした。

しかも、以前、『要精検』のクラスⅢのところだったのが、『異常なし』のクラスⅠでした。

本当に、ホッとしました。これからも『異常なし』をキープしていけたらいいなと願っています。

 

 

ぽちっと応援していただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。