2017年3月30日オープンしたばかりのホテル『レム六本木』は、私の超お気に入り清潔空間でした☆彡

お祝いの胡蝶蘭がいっぱい飾られていました。

まだ9日しか経っていません!

ちょっと自慢気に報告してみたいです(*^。^*)

ここより、もっと豪華なホテルはいっぱいあります。でも、ホテルライクに憧れ、ゆるミニマル生活を目指す私には、このシンプルさが最高です☆彡

なにより清潔感が半端ない☆彡

シンプルで無駄がない☆彡

必要なものは、すべて棚や引き出しの中に納まっています。

非日常の特別な空間

いったい、ここはどこなのか?

なぜ、今、私はここにいるのだろう?

真面目にそんなことを考えてしまったりしました。

それくらい、現実の世界で自分が捨てられないと思い込んでいるものを手放した状態で、ただ静かに自分と向き合い、体を休められる空間でした。

ただ、実際には、ちょっと寂しくて、ついテレビをつけて、いつもより真剣に見て感動したりしてました(笑)

夜景があまりに綺麗だったので、ミッドタウンへ夜桜見物に行ったら、それがまた見事で、その時は、どうしてこんなに夢見心地なんだろうとわからなかったのですが、寝てみて理由がわかりました。

東京ミッドタウンの夜桜見物 非日常が楽しい

レム六本木の眠るための環境が素晴らしい

 

私は、ホテルの枕はどこも無理なので、最初からあきらめて、いつもバスタオルをたたんで枕にして寝るのですが、ちゃんといろんなタイプも用意してあったので、チャレンジしてみても良かったかもしれません。

横になって、そのあと全く記憶がありません。一瞬のうちに寝たみたいです。もともとすぐ寝るタイプですが、ホテルのベッドによっては夜中に眠りが浅くなることもあります。柔らかいのがだめです。

レム六本木のベッドは、私にぴったりでした。朝の目覚めも快適でした。疲れもとれました。掛け布団もふっかりした感じで軽くてあたたかく身体が包まれる感じでした。一瞬で寝てしまったので、それ以上言えないのがもったいないです。

お部屋は、暑くもなく寒くもなく、快適でした。空気清浄機も準備されていましたが、必要性を感じませんでした。お部屋の空気そのものがキレイでした。

部屋中、すべてキレイ

新しいので、もちろん汚れも埃も何も全くありません。私がこの部屋を初めて使ったのではないかとすら思うくらいでした。

ダイソンで掃除してました。なるほどです☆彡ダイソンの吸引力は、群を抜いています。清掃マイスターとしては、ついチェックしてしまいました(@_@。

朝食がまた最高

朝食については、また改めて報告したいです。写真撮りまくってしまいましたので。

チェックアウトが12:00までなので、ゆったり過ごしました。

マッサージチェアも利用しました。今まで、数多くのものに癒されたことがありますが、そのなかでも私にとって最高の「もみ」「ほぐし」の細やかさでした。

唯一、残念なのが、お風呂じゃなくてシャワーしかないこと。

外国人の方の宿泊も多いと思うので、そのほうが良いのかとも思います。ゆっくりお風呂に入りたいときは、そういうところへ泊ればよいですね。

スーパーホテルLohas東京駅八重洲中央口は、健康イオンの快適空間だった。

なお、トイレとシャワールームがガラス張りなのが気になるときは、

こんなふうにロールカーテンを閉めれば大丈夫です。

私は、ガラス張りがおしゃれだなと思いました☆彡

さいごに

新幹線のおかげで、バンバンに日帰りできるようになったというのに、いろんなホテルに泊まるのが楽しみになってきて、嬉しい悲鳴です(>_<)

旅行は、私の元気の源です。あっ、旅行も、でした(*^。^*)

 

ホテル「レム六本木」は、朝食バイキングもとっても美味しいです。

朝食については、別記事に書きました。

ぽちっと応援していただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。