命縮めてまで、税金のために働くっておかしくないですか?

Pocket
LINEで送る

実は、私は、いつからかわからないけど、自分が急にいなくなるような、そんなことを考えるときがあります。

前世に何かあったのでしょうか(;^ω^)

祖母は、104歳、父も84歳まで長生きしたし、母は85歳でまだまだ元気(*´ω`)

私は、110歳くらいまで生きちゃうんじゃないかと思う反面、いや、明日のことは誰もわからないとも・・・

それで、ごんおばちゃまの『明日、死んでもいい片づけ』を読んで、せっせといらないモノを捨て続け、ずいぶんスッキリしてきたのだけれど、まだ、踏ん切りがつかない。

きっと、明日までに何とかしようと思っているんだと思う。テストの前日のように、一夜漬けで、とにかくできるだけ!と。

だから、いつも、何か、焦ってる。

もう、早く片づけを完了してしまって、安心して、過ごしたい。

それが、やり残したことがないようにするということなんだな・・・

私が、どうしてもやっておかなければならないことは、

【写真の整理】以上に【書類の整理】特にお金に関することをわかりやすくまとめて、娘たちが引き継げるように準備しておくこと、それをどうしてもきちんとしておきたい。

というか、そこさえ、ちゃんとしておけば、あとは、誰でもできることばかり。

父が、一人で抱え込んでいた、ご先祖様からの土地は、私には手に負えないようなものだったけど、何とか、自分なりに納得できる形に変えて、生活の糧にしている。

3回相続税を払ったら、財産はほとんどなくなると言われているが、上手に扱っていかないと本当にそうなると思う。

確定申告が終わり、今年もたくさん納税します(>_<)

父は、ずっと農家だったので、年金が2カ月で6万円でしたから、「わしは、固定資産税を払うために死ぬまで働かなければならないんだ」と言って、実際、倒れる日の朝まで(当時82歳なのに)3時に起きて、畑の作物を市場へ出荷していました。

いろんなことを考えさせられる父の生き方です。

結局、私もたくさん、税金を払わなければならないし、母が亡くなったらまた相続税を払わなければならないのでその分をストックしておかなければならない状況なのですが、それでも、楽しく生きていきたいと思います。

命縮めてまで、税金を払うために働くって、おかしくないですか?

私が、どんなふうに生きるかにこだわるのは、こういう背景があるのです。

お金がある人の悩みだと意地悪を言われることもあります。私は、お金は、ないよりあるほうが良いとは思うけど、お金のために不幸せになるのは嫌です。

だから、自分が何歳まで生きるか、わかったら、上手に計算して最後±0にしてキレイに会計処理できるといいのになぁ(笑)

それがわからないからこそ、ワクワクドキドキして、人生が楽しいんでしょうね。とりあえず、110歳まで生きてしまうかもしれないを覚悟して、人生プラン立てていきます(>_<)

 

ぽちっと応援していただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

投稿者プロフィール

さわこ
さわこ

スタジオSeriオーナー
自分や家族の健康のために、スタジオを作りました。 周りの人たちがみんな、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいな。

目標は「ゆるいミニマリスト」
「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得。不要のモノを断捨離して、スッキリ暮らしたい。

真面目でおとなしい性格
自分でずっとそう信じてきましたが、周りの人が違うと言います。不思議です。いくつものビリーフ(思い込み)をリセットできたら、だんだん人生が楽しくなってきました。

くわしいプロフィールは、こちら